小林学 政策理念

小林学,こばやしまなぶ,日本維新の会,衆議院,衆議院議員,衆議院選挙,衆議院議員選挙,衆議院 世田谷区,衆議院議員目黒区,衆議院選挙世田谷区,衆議院議員選挙目黒区,衆議院 目黒区,衆議院議員世田谷区,衆議院選挙目黒区,衆議院議員選挙世田谷区,衆議院 世田谷,衆議院議員目黒,衆議院選挙世田谷,衆議院議員選挙目黒,衆議院 目黒,衆議院議員世田谷,衆議院選挙目黒,衆議院議員選挙世田谷,衆議院 東京5区,衆議院議員東京5区,衆議院選挙東京5区,衆議院議員選挙東京5区,世田谷区 衆議院 ,目黒区 衆議院議員,世田谷区 衆議院選挙,目黒区 衆議院議員選挙,世田谷区 衆議院議員,目黒区 衆議院選挙,世田谷区 衆議院議員選挙,世田谷 衆議院 ,目黒 衆議院議員,世田谷 衆議院選挙,目黒 衆議院議員選挙,世田谷 衆議院議員,目黒 衆議院選挙,世田谷 衆議院議員選挙,支部長,候補者,候補者募集,目黒区,世田谷区,目黒,世田谷,東京5区,日本維新の会,2017,2018,

「議員が職業であってはならない、政治屋を排除し、真の政治家を創出する」

これからの日本を創造する上で、教育や労働などこの国の問題に直面している勤労世代を中心に政治運営をすることで、現在抱えている問題点、その時代時代に起こりえる問題点を瞬時に把握し、迅速に解決できるものと考えます。しかし現在の日本においては国自体があらゆることにその権限を持っているがゆえ、決定、実行のプロセスまでに相当の時間を要する結果、今この瞬間に助けをもとめている人、今本当に困っている人達に手を差し伸べることができず、後手後手の対応となっている現実があります。

日本という1億を超える人口大国において、組織を柔軟かつ迅速に稼働させるには独立した権限を持つ州運営に国家機能を細分化し(※道州運営:米国でいう州制)国は外交、安保などの国家主導の事案に専念し、また各州においては税、教育など国民の生活上、不可欠な問題を州ごとに対応、決定することで柔軟かつ迅速に対応ができるものと考えます。

「政治と権力の癒着」「政治家の世襲」など既得権益を継承するものであるため条件下の制限など、今までの慣習を排除し早期に世代交代を進め、「平等と公正」「国民による国民のための政治、透明性のある国家運営」との大号令のもと、旧態依然の体制を変えてゆかねばならない。

私達の国の運営にたずさわる議員自身、その時代に即した人材選定と政策を進化させ、新しい世代に受け継いでいかねばならないため、その「新しい血」の入れ替えを急務と考え、「議員の定年制」を早期に導入することでより多くの国民より多彩な人材を登用し、また合わせて衆参一院制を含めた議員定数の削減、議員歳費の削減をおこなうことで、スリムで進化する国家運営へと早期に移行すべきではないでしょうか。

教育者、公務員しかり、全てにおいてサラリーマン化しているこの時代、政治家も一職業に過ぎず、また自身の信念に基づき身を賭して行動する者もいない。またその発言と行動にかい離が生じ、議員自身、責任が負えないため委縮し何ら面白みもない。公人としての自覚の欠如、驕りのせいか学、教養があるようにも思えない。

本来「日本」は国家と国民双方が敬い、尊重しあえる国であったはずですが、今私達は、この国に対し何も期待はせず「自分の身は自分で守る」と自己の保身ばかりに目を配り、周囲への気遣い、関心も欠如しているのが現状です。

いつから日本はこのような国になってしまったのか、その疑念をいだいているのは私だけではないはずです。 今一度、この国に対する「プライドと期待感」「高揚感」を取り戻し、 世界に誇れる日本の文化と歴史、そしてこの国の秩序を守ることを使命とし、私達の国の将来、未来を憂う国民の一人として政治に参画をさせていただきたいと思っております。

 

小林学,こばやしまなぶ,日本維新の会,衆議院,衆議院選挙,東京5区,目黒区,世田谷区,衆議院 東京5区,衆議院 目黒区,衆議院 世田谷区,衆議院選挙 東京5区,衆議院選挙 目黒区,衆議院選挙 世田谷区,衆議院 東京5区 候補者,衆議院選挙 東京5区候補者,衆議院 目黒区候補者,衆議院選挙 目黒区候補者,衆議院 世田谷区候補者,衆議院選挙 世田谷区候補者,目黒区 衆議院,世田谷区 衆議院,東京5区衆議院選挙,目黒区 衆議院選挙,世田谷区 衆議院選挙,東京5区 衆議院選挙 候補者,目黒区 衆議院選挙候補者,世田谷区 衆議院選挙候補者,支部長,候補者,衆議院議員,衆議院選挙,日本維新の会 候補者,衆議院東京都第5選挙区支部長,目黒,世田谷,小林,こばやし,学,まなぶ,

衆議院 東京5区 目黒区(一部地域を除く) 小林学 日本維新の会

衆議院東京5区目黒区エリア詳細
大岡山 五本木 祐天寺 中根 柿の木坂 平町 目黒本町 東が丘 中町 自由が丘 緑が丘 中央町 洗足 鷹番 碑文谷 南 八雲 原町
中目黒5丁目全域 目黒4丁目1~5、12~26 下目黒 4丁目21~23、下目黒5丁目8~37、下目黒6丁目全域 上目黒2丁目47~49、上目黒4丁目全域

衆議院 東京5区 世田谷区南部(一部地域を除く) 小林学 日本維新の会

池尻 奥沢 尾山台 上馬 上野毛 駒沢 上用賀 駒沢公園 桜新町 下馬 新町 瀬田 太子堂 玉川 玉川台 玉川田園調布 玉堤 代沢 等々力 中町 野毛 野沢 東玉川 深沢 三宿 用賀

衆議院 東京5区 目黒区・世田谷区詳細 小林学 日本維新の会

衆議院東京5区目黒区エリア(一部地域を除く)詳細 小林学 日本維新の会

衆議院東京5区目黒区エリア詳細
大岡山 五本木 祐天寺 中根 柿の木坂 平町 目黒本町 東が丘 中町 自由が丘 緑が丘 中央町 洗足 鷹番 碑文谷 南 八雲 原町
中目黒5丁目全域 目黒4丁目1~5、12~26 下目黒 4丁目21~23、下目黒5丁目8~37、下目黒6丁目全域 上目黒2丁目47~49、上目黒4丁目全域

衆議院 東京5区 世田谷区エリア詳細
池尻 奥沢 尾山台 上馬 上野毛 駒沢 上用賀 駒沢公園 桜新町 下馬 新町 瀬田 太子堂 玉川 玉川台 玉川田園調布 玉堤 代沢 等々力 中町 野毛 野沢 東玉川 深沢 三宿 用賀

2017年度衆議院・参議院選挙区支部長公募募集のお知らせ

日本維新の会は、次期衆議院議員総選挙、参議院議員選挙に向け、各選挙区支部長候補者を募集しております。
特に関東・東京エリアでの衆議院、参議院選挙区支部長の公募募集を積極的におこなっておりますのでご興味のある方は、日本維新の会 衆議院東京都第5選挙区(目黒区・世田谷区)支部までお問い合わせください。
また事前のご相談、東京都内での面接等も衆議院東京都第5選挙区支部内にて随時受け付けておりますのでお電話、メールにてお問い合わせください。

日本維新の会 衆議院議員、参議院議員 各選挙区支部長公募申請書
衆議院・参議院選挙区支部長公募申請書ダウンロード

2019年(予定)統一地方選挙東京23区候補者公募募集のお知らせ

日本維新の会は、2019年に予定される統一地方選挙に向け、関東・東京エリアでの公募募集を積極的におこなっておりますので
衆議院東京都第5選挙区(目黒区・世田谷区)支部までお問い合わせください。
また事前のご相談、東京都内での面接等も衆議院東京都第5選挙区支部にて随時受け付けておりますのでお電話、メールにてお問い合わせください。

2019年実施予定統一地方選挙選挙 候補者公募申請書
2019年実施予定 統一地方選挙選挙 候補者公募ダウンロード

日本維新の会 衆議院東京都第5選挙区 目黒区支部 所在地
東京都目黒区鷹番3-8-6 ハウスセンター学大ビル4階

電話:03-5724-3397 ※平日9時~18時
FAX:03-5724-3573

日本維新の会 衆議院東京都第5選挙区 世田谷区支部 所在地
東京都世田谷区上馬4-4-1 宇田川ビル2階

電話:03-6450-9739※平日9時~18時
FAX:03-6450-9759

メールアドレス:info@manabu-ishin.jp

衆議院東京都第5選挙区(目黒区世田谷区)支部アクセス
東急東横線 学芸大学駅 徒歩0分
東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩0分

Twitter、Facebook、lineからも随時お問い合わせ、ご質問をお待ちしております。
Twitter @manabu-tokyo5
Facebook https://www.facebook.com/kobayashimanabutokyo5
line ID manabu-ism

アクセス

衆議院 目黒区世田谷区東京都第5選挙区支部長 小林学
東京都目黒区鷹番3-8-6
TEL 03-5724-3397
mail info@manabu-ishin.jp

小林学公認サイト/Twitter
URL:http://megurosetagaya.jp/
URL:http://manabukobayashi.jp/
URL:http://kobayashimanabu.jp/
URL:http://manabu-ishin.jp/
Twitter:https://twitter.com/manabu_tokyo5

日本維新の会 維新八策について

1.統治機構の作り直し
決定でき、責任を負う統治の仕組みへ
2.財政・行政・政治改革
スリムで機動的な政府へ
3.公務員制度改革
官民を超えて活躍できる政策専門家へ
4.教育改革
世界水準の教育を復活
5.社会保障制度改革
真の弱者支援に徹し、持続可能な社会保障制度へ
6.経済政策・雇用政策・税制
未来への希望の再構築
7.外交・防衛
主権・平和・国益を守る万全の備えを
8.憲法改正
決定できる統治の仕組みの本格的再構築