小林学,小林まなぶい,こばやしまなぶ,無所属の会,無所属,政治家,目黒 政治家,目黒区 政治家,地域政党,目黒区地域政党,目黒地域政党,目黒区議会議員,目黒区議,目黒区議会,目黒区議会議員選挙,目黒区議会議員選挙候補者,目黒区,目黒,区議会議員,区議会議員選挙,候補者,募集, 

待機児童解消 安心して子育てできる目黒の実現

待機児童0を目指し、認可保育所の増設、補助金の援助。

子供達の学力格差解消支援

学ぶ機会の平等、蛙の子は蛙ではない、トンビが鷹を生む可能性を信じ。

学習クーポン発行、放課後学べる場所の提供、ボランティア講師の確保など子供たちの学ぶ権利と機会の平等推進。

いじめ、児童虐待撲滅 大人の目がある環境づくり

病院・保育・学校を通じた迅速な連携を構築。

❹ 高齢弱者救済 安心して老後を過ごせる街づくり

憲法で保障される必要最低限の生活権利保障、衣食住確保。

❺ 医療介護の充実 病院施設・デイサービス待機解消

待機は児童だけではない。遠方までいかずとも地域医療、介護施設やデイサービス施設の待機率0を目指す。

❻ 犬猫殺処分ゼロ 保護犬猫、里親制度の促進、心のケア高齢者医療ペット活用推進

我が家の愛犬、猫ちゃんはじめ、ペットも家族です。保護犬などの里親制度の促進と心のケアや高齢者医療への活用推進。

❼ 地域防犯対策 地域のセキュリティ、巡回強化

日本も安心とは言えない時代に。地域コミュニティ再構築、犯罪抑止、防止策の実現、子供からお年寄りまで安全に暮らせる街つくりを目指す。

❽ 緑化保全、緑豊かな住環境整備モデル都市へ、大気汚染など目黒区の生活環境を守る

沿道の排ガス騒音規制や緑を増やす試みを地域にお住まいの方と、子供たちとの「緑育」を通し、住環境整備の促進モデル都市実現。

❾ 近隣トラブルのごみ問題、プライバシー保護、住みやすい生活環境を守る

「集積所やめたら家庭ごみが減った 」
ごみ出しマナーの改善にと家庭ごみの集積所を廃止し、各家庭の前にごみを出してもらう「戸別収集」を導入したところ、ごみの量が減るという効果が現れ、導入する自治体が都市部で増加。近隣とのごみ問題、ごみ集積所紛争など未だ対応の遅くれている目黒区。個人の平等と公平の秩序を提案。

❿ 私たち目黒区民の税金の使い道は?区の財政使途、特別区交付金について

国や地方は、増税をする前にすることがあるはずです。私達の税金の使われ方、社会保障など「受益と負担の公平」のもと、将来得る年金等その対価を正当に得る権利を有します。

目黒区における特別区交付金の減収など国と都、都と区のあり方を考え、区民の税収を都に吸い上げられることなく、区の財源として有効活用できるよう、スリムで柔軟かつ迅速に対応ができる体制に、早期に移行すべきです。

⓫ 地方議員の身を切る改革 目黒区議会議員報酬・人員削減の実施。区民のために自ら身を切る改革を

目黒区議会議員の数は現在36名です。地方議員は年365日のうち、実際の議会拘束日数はわずか80日程度しかなく、月額59万9000円(年間718万8000円)の報酬に、年3回(3・6・12月)の期末手当(ボーナス)として、203万6600円、年間報酬合計は、925万4550円です。また政務活動費として年額168万円の支給もあり、目黒区議会議員一人当たりの支出額は1093万4550円にものぼります。

全てはわれわれ目黒区民の税金です。ふるさと納税など目黒区の歳入は減少し続けている中、まずは地方議員が自ら身を切る改革を断行しなければなりません。

⓬ 「議員が職業であってはならない」 政治屋を排除し、真の政治家を創出する。

そもそも政治家、議員など政治は目的ではなく、ひとつの手段です。議員であることも、問題を解決するための一つの手段にすぎません。政治家の世襲など、既得権益を継承するものであり、制限を設けるなど、今までの慣習を断ち切らねばならず、また新たな人材の政治参画の障害にもなっています。民間企業にお勤めの方々も、もっと身近な政治に参画できるよう門戸を広げ、より良い街づくりを一緒に実現しましょう。

⓭ 地方議員の特権廃止、財源は私たちの税金です!
議員年金の復活阻止を

平成の大合併など大幅な議員数の減少に伴い、掛け金が減少、平成24年には破綻するとの試算により、平成23年6月1日をもって地方議員の年金制度は廃止となりました。しかし平成29年7月に全国都道府県議会議長会において、廃止された地方議会議員年金に代わる新たな地方議会の年金として報酬比例部分のある公的年金制度への加入を求める決議がなされました。また各地方議会においても加入決議を求める活動も始まり、地方議会の半数以上、900議会ですでに意見書が採択されております。

四年に一度、有権者の方々より審判を下される議員にとって、私たちの税金を投じた公的年金の加入が必要なのでしょうか。当然、議員は国民健康保険の自費加入は可能です。議員特権の象徴でもある議員年金の復活に断固反対してまいります。

 

無所属の会 本部 目黒区
東京都目黒区鷹番3-8-6 ハウスセンター学大ビル4階
東急東横線 学芸大学駅 徒歩0分

電話:03-5724-3397 ※平日9時~18時
FAX:03-5724-3573

メールアドレス:info@manabu-ishin.jp

Twitter、Facebook、lineからも随時お問い合わせ、ご質問をお待ちしております。
Twitter @manabu-tokyo5
Facebook https://www.facebook.com/kobayashimanabutokyo5
line ID manabu-ism

 


 

無所属の会 代表 小林学 こばやしまなぶ 略歴

生年月日:1969年6月11日 東京都出身
1982年杉並区立第2小学校
1985年早稲田実業中等部
1988年早稲田実業高等部
1992年早稲田大学社会科学部
1992年国際証券株式会社入社 (現:三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
1996年教育・通信会社代表取締役
2009年広告代理店代表取締役を経て、
2016年日本維新の会衆議院東京都第5選挙区支部長選任
2017年第48回衆議院議員総選挙東京ブロック比例代表198,127票
2018年無所属の会 代表就任

身長180㎝ 体重73㎏ 健康状態 良好
趣味 ゴルフ、旅行、映画鑑賞

URL:http://megurosetagaya.jp/
URL:http://manabukobayashi.jp/
URL:http://kobayashimanabu.jp/
URL:http://manabu-ishin.jp/
URL:http://tokyo5.net/